読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

photo×hair×music

普段の仕事や人と関わる上で大切にしていることを書いています

感性と理論

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!
スタイリスト あらや です!

<Instagram>
jun_araya
♯kawkdesignworks
<Facebook>
Jun Araya

やっています!
良かったら覗いみて下さい(^。^)

 

今日は営業後にお店のスタッフで勉強会をしてました!

技術や考え方の共有をするために今月から取り組んでいます^_^

 

 

僕たちの仕事はヘアスタイルを通じてお客様の生活が豊かになるお手伝いをさせて頂く仕事なわけですから

日々技術や知識を学ぶことが大切だと思っています

 

どうせなら、

自分の苦手や弱点を克服したり

逆に得意なことを知って伸ばす時間を

しっかりとっている人に

ヘアスタイルを任せたくないですか?

 

 

僕たちは安心して委ねて頂けるヘアデザイナーを目指し、日々重ねています( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

 

 

 

で、

今日はその勉強会の時に出た話ですね!

 

感性派と理論派みたいな感じの話になりました

 

こういう話って多分僕たちの業界ではよく話に出たりすると思うんです

右脳派左脳派とか、そういったニュアンスですよね

 

今日もそんな話になりまして

 

先生「僕、結構感覚で話してるんですけど理解できました?」

 

僕「大丈夫ですよ!こーこー、こーいうことですよね?そんな風に理解してます!」

 

先生「そうです!なら良かったです!」

 

 

って会話です

 

僕がなかなか頭でっかちなもので、

気を遣って訊いてくれたんだと思うんです

上のセリフが頭の中で本人の声で再生されるくらい何度も同じような会話をしたこともあります。

 

しかし今日はいつもと違い、ちょっとした気づきがありました!

 

 

感性と理論って実はただの入口と出口の名前なだけで

自分の中での理解の仕方、相手への伝え方が違うだけなんじゃないか?

ってことです!

 

 

 

 

文章にしてみたらなんか、ただただ当たり前な話でしたね••••

 

でもここまで書いたので最後までお付き合い下さいm(_ _)m

 

 

 

つまりどちらかが優れているとかではなくて

セットにしておかなければいけないんじゃないかと思ったんです

 

 

人に何か伝える時には

相手はどっちの入口から伝えた方が良いのだろうか

と考えることができれば

人に合わせたコーチングができるようになるんじゃないかと感じた出来事でした!

 

 

感覚とロジックを使い分けて

また次回も励みます!!

 

 

 

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。
ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。
是非一度サロンへお越し下さい!

ご予約は0120-76-9788
kawkdesignworks
あらや まで