読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

photo×hair×music

普段の仕事や人と関わる上で大切にしていることを書いています

僕の好きな音楽の世界から学ぶこと

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!
スタイリスト あらや です!

<Instagram>
jun_araya
♯kawkdesignworks
<Facebook>
Jun Araya

フォローや友達登録して頂けると、とても嬉しいです(^^)

申請して頂いた際にはブログを見たと一言頂けると助かります!

よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

今日は音楽の話をさせて頂こうかなと思います

 

最近だとJASRACの件が盛り上がってますね

 

業界のことを知っているワケではないですし、知る術もありませんが

色々聞いたり感じたりしたことを書いてみます^ ^

 

そこまで詳しくはないんですが

今の音楽ってビジュアルが先行しすぎていて

なんとなく中身が無いように僕は感じています

音楽が使い捨てになってるっていうか

残らないものになってしまってる感じですかね

 

多分この感覚って僕くらいのアラサー世代から上の方々はなんとなく感じているんじゃないでしょうか?

 

「名曲が残らない」時代になってません?

 

 

インターネットが普及してから

CDが売れなくなって

 

それでも売るためにビジュアルやオマケに力を入れて

 

アーティストがしっかり稼げるようにJASRACがちゃんと仕事をした結果

ちょっと盛り上がっちゃったり

 

 

でもそういったことに切り込みを入れようとしているアーティストの方や業界の人がいらっしゃって、色々アクションを起こしているようです

 

僕自身も聴くなら良い曲を聴きたいので

どんな風に動いていくのか楽しみにしています

 

僕の先輩方で音楽で食べているすごい人たちがいますが

そういった方を全力で応援しています

CDも買いますし、他の人に紹介もします!

 

 

(これはビジュアル主体の音楽をディスっている訳ではありません

僕もアイドルやダンスのように動きのある音楽も好きですし、自然と体が動くようなエレクトリカルな音楽も最高やと思います)

 

 

 

と、音楽について少し書きましたが

 

これは僕自身にも同じことが言えるのではないかと思っています

 

写真の勉強を始めたりブログを書いたりしています

自分のことを表現する手段としてもやっているわけですが

 

本質であるテクニックやセンスを鍛えることを疎かにしていてはダメだなと感じました

 

今持っているもの以上のものを表現しようとすると、嘘になったりメッキが剥がれてしまったり

 

 

ちゃんと本物になるための、日々の積み重ねが大切ですね

 

 そう感じるような音楽の話でした^ ^

 

 

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。


ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

ご予約は0120-76-9788
kawkdesignworks
あらや まで

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!