photo×hair×music

普段の仕事や人と関わる上で大切にしていることを書いています

夏は怪談、心霊写真

f:id:jun-araya:20190607145002j:image

 

 

目に見えるものは全て光であり

光源とその光の影響をうけたものが

人の目に映り込んでくるわけです

 

 

光の当たる部分もあれば

光の当たらない部分も当然あり

それが明暗となって美しい景色を見せてくれる

f:id:jun-araya:20190607145316j:image

光が当たり

色が綺麗に映るのが好きな人もいれば

 

影になって色という余計な情報がなくなり

そのものの持つ形(フォルム)自体に惹かれる人もいるでしょう

 

 

 

f:id:jun-araya:20190607145559j:image

 

一見すると何なのかよくわからなくなるような

実像と虚像とが重なって不思議な画になるのが

最近は好きです

 

 

 

 

 

 

少し前

良い一眼レフカメラを使えば心霊写真も

画質よく撮れる筈だと思っていました

 

今でも少しだけ思っています

 

 

前にプロカメラマンの方が

心霊写真とは見えないものが写り込んでしまう写真などを指しますが

目に見えない=光を発しないし、反射もしてない

そんなものが光を取り込む装置であるカメラを通して写真に写るなんて有り得ない

 

ごもっともなことを言っていたのを見て

納得したのを今回ふと思い出しました

 

 

心霊写真は本来なら一定の確率でおっぱいとかちんことか出ても良いのに、いつも足とか手とか顔とか、モラルに反しない部位しか出てない時点で作り物だと言い切った人もいます

 

振り切ったコメントが清々しく

とても共感しました

 

 

 

 

そろそろ夏なので

僕の大好きな怪談の時期になってきました

この夏こそ、心霊写真ハントに行きたいですね

 

 

 

一緒に行きたい方は

是非こちらから連絡下さい^ ^

 

 

友だち追加

 

連絡お待ちしてますw

 

 

 

映えの果て

先日友人の結婚式の為に関東の方まで行ってました

 

 

予定や帰りの時間もあり

自分のしたかったこと全てができたわけではないですが

 

 

お土産を買うついでに

渋谷の駅前を少しだけ散策

 

 

お土産はいつも決まって

ヒカリエの地下にある

妻が好きなピエールエルメパリのマカロン

毎回店員さんにお任せして詰めて貰っています

もう何度も通ってわかったのが

お任せしますと伝えると定番品と季節限定品を半分ずつ入れてくれるということ

おそらく僕みたいな買い方をする人も多いのでしょう

 

どれが定番でどれが季節限定なのか全くわからないんですが

僕が口にすることは多分無いのであんまり気にしません

 

 

 

 

街を歩いていて気づくのは

人が人に対して無関心であるということ

 

街にレンズを向けてシャッターを切っても

ほとんどの人が全く気にせずに歩いています

 

スナップしやすく、好きな場所です

カメラを持っている外国人も多く

写真撮りながら歩いても人目が全く気になりません

 

 

f:id:jun-araya:20190528133604j:image

渋谷らしく沢山の若者に化粧された赤の柱と、緑が印象的

 


f:id:jun-araya:20190528133601j:image

奥行きがどこまでも雑多な感じ


f:id:jun-araya:20190528133557j:image

 

信号が変わった瞬間に交差点には人がなだれ込んでいきます

 

 

割と周りを気にしながら歩いていても

誰かと目が合うなんてことはありませんね

 

むしろもっと派手に撮影していたyoutuberみたいな人もいたりして

僕なんて何してても

ここでは空気みたいたもんですw

 

 

f:id:jun-araya:20190528132830j:image

 

入りきらないくらいの量のゴミ

きっとここへ来る前は

女の子達の写真に華を添えていたのでしょう

 

f:id:jun-araya:20190528134308j:image

 

溢れまくってる

 

 

富山は山王さんでもここまでならないので

良い人の街なんだなって思います

さらに袋を配ってる方や、ゴミを集めている方が

キレイな山王さんを支えていらっしゃるのでしょう

そういったボランティアもいつか参加してみたいと思いつつ

何もできてません

 

 

そういえばもう山王さんです

今年は金曜、土曜、日曜になるんですね

ちょっと行ってみようかな

 

 

 

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!

 

 

連絡はこちらまで

友だち追加

 

登録してくれた方が多くなってきたら

何か企画してみます^ ^

 

 

 

水が好きです

こんにちは

 

 

 

 

 

 

水というものは

 

生きるのに必要不可欠なもの

無色透明であるが

光の影響で青く見えたり赤く見えたりもする

綺麗な反射鏡のようになることもあれば

風によって解像度の低いガラケーの画面のようにもなる

 

住んでいる場所には

なみなみまで水を張った田んぼがあり

その水は日や時間によって全く違う表情を見せてくれます

 

 

f:id:jun-araya:20190510150036j:image

 

反射で自分より低い位置に空があるように錯覚させる

 

天気の良い日にカメラを持って出かけると

世の中や、なんでもない水が

思いがけない感動を与えてくれる

 

 

f:id:jun-araya:20190510150201j:image

 

 

 

反射と実像の境界線も曖昧になり不思議な世界観に浸れます

 

 

 

 

 

 

f:id:jun-araya:20190510150251j:image

 

 

一見、丘と空と太陽のように見えるこの写真は

右上の電柱の存在によって

どこを撮っているのかという疑問を投げかける

 

 

 

f:id:jun-araya:20190510151726j:image

 

一瞬を捉えると動きの様子が明瞭になり

光の粒を撒いたように細かく反射する

f:id:jun-araya:20190510151818j:image

 

それに対して同じ場所でも捉える時間が長くなれば

なだらかな動きが水面の質感を曖昧にしていきます

 

 

 

 

自分がなぜここでシャッターを切ったのか

自問することで自分の視点に気づくことができます

今回は写真をじっくり見て頂ければと思い

趣旨を変えて書いてみました

 

本来であれば実際に紙にこだわってプリントし

手に取って質量を感じながらじっくり見て頂きたかったのですが

それは、いつかの機会にとっておきます

 

 

またお休みの日には新しい光と影を探しに

出かけてこようと思います

 

 

 

 

 

※お願い※

お店のご予約はLINE@にお願いしています

電話も通っていますが、接客中で出られないこともございます

お手数ではありますがよろしくお願い致します

 

ご予約でなくとも、お問い合わせや写真に関しての疑問を投げかけて下さっても大歓迎です

まだ登録していない方がおられましたら

是非お願い致します

 

友だち追加

 

 

 

 

 

blank HAIR SALON

 


髪の根元の絡まりをほどき、毛流れを改善することで、よりスタイルが長持ちし、髪の指通りも大きく変わります。

『blank』

それは毛髪を一度リセットし、そこへ自分に合った”色”を足して理想のスタイルを作り上げていく。

そのような思いで付けた店名です。

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!

 

 

 

 

富山ガラス美術館行って来ました

こんにちは

先日行ってきました

富山ガラス美術館

 

街中にあるので

車どうしようかなぁ

など

少し敬遠していましたが

今回はご縁があり行く決断に至りました

 

 

 

見てきたのは

 

MARTA KLONOWSKA

Istota

マルタクロノフスカ

不思議ないきもの

 

という作品展です

 

この作品は、写真技術が登場する以前、15~18世紀に描かれたヨーロッパの名画をモチーフに作られています

その絵を読み解き、絵の中の動物や靴にフォーカスして作品を作っているそうです

 

ですので作品自体は、

モチーフとなっている絵

ガラスで作られた動物

ガラスの靴

がセットになってました

 

 

当時の絵は

動物の種類やどんな風に描かれているかで登場人物の心の様子を表していたり

複数の職業の女性を登場させることで当時の身分の違う女性の情事の対比を描いたりなど

そんな風に読み解いていくらしく

当時の社会にある程度詳しくないとそんなことさっぱりわからないのです

 

 

1920年代のアート界隈の話は少し勉強したんですが

それくらいの時は芸術と社会っていうのは割としっかり結びついていたそうです

社会や政治に対する批判だったり

逆に政治が芸術を抑制したり

 

 

なので世界史と美術を一緒に授業でやってくれてたら

少しは社会科得意になってたかもしれないなぁ

 

こんな結びつきの面白さなんてのは

大人になってから気づくものなのでしょうけどね

 

 

 

 

で、この作品展は

細かなガラス片を土台にくっつけていくことで

作品に仕上げていってます

f:id:jun-araya:20190508130407j:image

 

これだけ、撮影okだったんです

 

光の当たり方も合わさって

ガラスとは思えないほど

柔らかな質感に見えてきます

 

触ったらモフモフしそうなんですが

実際はザクザクになっちゃいますね

 

 

ガラスは

古びた木と組み合わせれば、アンティークな雰囲気の作品になりますし

金属と組み合わせることで、未来的な印象を与えられる

そんな不思議な魅力があるんですが

今回は光と組み合わせることで質感を表現することもできるのだなぁと

新しい発見ができました

 

作品の質感とは必ずしも素材の質感と一致するものでは無いのですね

 

 

 

そして僕自身に転換して考えてみると

作品を作る上では

モチーフを深く読み解いていくことの重要さ

どこまで深く読み解いていく必要があるのか

そしてそもそも自分の作品のモチーフは何なのか

何に心が動いて表現したくなるのか

 

ある程度固めておいてから始めると

今よりもう少しレベルアップするんかなって思いました

 

 

今年に入ってから

自分だけの表現の場を意識的に作っています

僕の場合は写真ですが

約4ヶ月続けてくると

自分の心が動く作品の傾向が見えてきました

 

ヘアの写真作品やコンテストにおいてはそれを踏まえた作品作りを心掛けてみようと思ってます

 

 

 

写真はinstagramでアップしてますので

良かったらチェックしてみて下さい!

 

jun_araya

このユーザー名で検索して下されば

でてくると思います^ ^

 

 

そして是非お店にも遊びに来て下さい

友だち追加

こちらから連絡できます

 

 

LINE@は基本的にこちらから定期的にメッセージすることはありませんが

通知が煩わしいようでしたら通知をオフにしてお使い下さい

 

 

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!

 

 

モデルさんを探しに行ってきます

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!

blank HAIR SALON  スタイリスト あらや です!


<Instagram>
jun_araya
<Facebook>

<twitter>
Jun Araya

フォローや友達登録して頂けると、とても嬉しいです(^^)

 

そして、申請して頂いた際にはブログを見たと一言頂けると助かります!


よろしくお願いいたします!

 

春先まだ冷えることもあってか

桜、まだまだ残ってますね

f:id:jun-araya:20190412124611j:image

 

 

 

 

最近、少し空いた時間を使ってモデルさんを探しに行ってます

 

お電話繋がりにくい方、申し訳ありません

お手数ですがLINE@より連絡くだされば幸いです

 

友だち追加

 

 

モデルさんの条件としては

世の中で言われる可愛い、綺麗な方

というよりも

今の姿から

ヘアスタイルを変化させることで

今より個性が発揮できるような方

に声をかけさせていただいてます

 

 

インスタやヘアカタログを見てて

「かわいい」「キレイ」「かっこいい」

を見つけても

だいたいが

この子元々そうやん

どんな髪乗ってたって一緒やん

が多いことに気づきました

 

 

サロンワークではお客様の要望を大切にさせていただきますが

モデルさんに協力していただく作品に関しては

モデルさん自身の個性を発揮できるデザインに挑戦します

 

 

 

 

人からどう見られたいか

 

よりも

 

自分はこんな人です

 

を大切に

 

 

一緒に作品を作ってみませんか?

 

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!

 

 

ご予約はLINE@がおススメです

お電話の場合は 076-456-1284 まで

各種SNSのメッセージでも承ります

 

 

親になったら

こんにちは!

blank HAIR SALON 

スタイリストの

あらやです^ ^

 

今日はお店のことはまったく関係無い内容です

 

以前写真に関する記事をつらつらと書いたことがあるんですが

その続きみたいなもんです

 

こちらがその記事のまとめになります

こちらもあわせて読んでみてください

 

http://jun-araya.hatenablog.com/entry/2018/11/25/123313

 

 

 

タイトルは

親になったらってことですが

別に親にならなくても皆さんに知ってて欲しいなと思うことです

僕の思ったことなので

全然そうじゃないって方もきっといます

でも1人の思いとして読んでくだされば幸いです

 

 

 

なにかと言うと

カメラを持ってみて欲しい

ってことですね

 

 

 

僕が写真を始めたきっかけは

完全に仕事でした

仕事でヘアスタイルの撮影をしてみたかった

そして子どもの写真も撮れるし

良いの一台買ってみようかな〜

くらいなもんで

 

元々ギターを買う為に貯めてたお金もあったので

それがカメラに変わったっていうだけの話でした

 

 

その時カメラを手にして

よくわからないながらもとにかく本で勉強してみて

講習にも出ました

youtubeの写真に関する動画も結構見ましたね

 

そんなこんなで

なんとなーく使いこなせるようになってきた頃には

 

次は「好みの写真」なんてのが出てきます

多くの作品を見てると

好きだなって感じるものには

なんらかの共通点が見つかってきたんです

 

 

今はその好きだなって感じる写真を撮れるカメラを買う為に

頑張ってお金貯めてる所です

 

 

 

 

僕の話はまぁ良いんです

 

もし、余裕があったら

お子さんが生まれたタイミングでも結婚したタイミングでもなんでも良いので

その瞬間を写真にしておける

そんなカメラを手にしてみて欲しいです

 

スマホでも良いですけど

スマホじゃなくて

記録として写真を撮ってみてください

 

 

いつか見返した時に

懐かしい音楽を聴いた時のように

その時の記憶が蘇ってくると思います

 

 

僕も子どもと出かける時、散歩の時

保育園の送り迎えの時

なるべくカメラを持って行きます

 

先日近所の子から

「いっつもカメラ持っとる!」

って言われましたw

 

 

でもそれくらい日常には残しておきたい瞬間があったりするもんです

 

ノーモラルかもしれませんが

顔は修正させていただきました

f:id:jun-araya:20190409203433j:image

初めての保育園、子どもを迎えに行った時

少し不安な親目線や

 

 

 

f:id:jun-araya:20190409203907j:image

 

転校したばっかですが集団登校の集合場所へ向かう娘の足取り

 

 

今しか無い大切な人の姿を

自分の好きな目線で、色で残しておくことは

大事なことなんじゃないかなって思ってます

 

 

 

ここまできて初めて

たまちゃんのお父さんの気持ちがよくわかるようになりましたw

 

 

 

欲を言えば

お世話になった祖父や祖母、両親が生きてる間に間に

かしこまった一枚でなく

本当に自然ないつもの様子を撮っておきたいなとも思います

 

 

 

 

ここまでで

じゃあどんなカメラが良いん!?

ってなったら

僕なりの好みの色の探し方も

また別の機会に載せてみたいと思います

 

次もまた、読んでくださいね^ ^

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!

 

 

ご予約はこちら

076-456-1284

blank HAIR SALON あらやまで

 

誠に勝手ながら

接客中は電話に出られないこともありますので

お手数ですが

 

友だち追加

 

こちらからも受け付けております

 

よろしければLINEの方もよろしくお願い致します

 

 

 

電話が開通しています

先日

初めてお店の電話が鳴り

ワクワクしながら出てみると

以前担当させて頂いてたお客様からでした

 

ここにたどり着くまでには

調べて、発見して、電話番号を探して、かける

こんなたくさんの壁があるんですが

 

たどり着いて下さったことに本当に感謝感謝です

ありがとうございます^ ^

 

 

さて

ご予約は今のところ

ほとんどがLINE@やSNSのメッセージで頂いていますが

そういったメッセージ類に抵抗のある方はお電話でのご予約も承っております

 

電話番号は僕もまだ覚えていないのですが

076-456-1284

です

 

1人で営業してますので

接客中、シャンプー中は出られないこともあると思うので

出来れば前日までのご予約

そしてLINE@でのご予約をお願いしています

 

 

お客様にはお手数おかけしますが

クオリティ維持の為にご理解頂けるとありがたいです

 

そしてご来店の際には次回の予約をしてくだされば

メッセージの手間も省けますのでそちらもおすすめです

ご希望があればご予約の頂いている週の頭に

ご連絡をすることも可能ですので

お気軽に申しつけ下さい^ ^

 

 

 

4月にして珍しく雪の降った今日のブログは軽くお知らせでした

f:id:jun-araya:20190402170930j:image

f:id:jun-araya:20190402170939j:image

 

 

 

 

お客様のなりたいイメージ、お客様のもつ雰囲気と向き合って心を込めてCUTさせて頂きます。

ライフスタイルに寄り添った、手入れが楽で再現性の高いオリジナルのスタイルづくりを目指しています。

 

 

 

一緒にヘアデザインを楽しみましょう!